Search this site
ボーダーコリーのカルビ・バーニーズのまろとの日々。
その他いろいろなつぶやき。
<< カルの誕生日&結婚記念日 | TOP | 49日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
まろとのお別れの時のこと
やっぱり記事にして残しておこうと思ったので書いておきます。

まろ、8月の半ば頃からなんとなく調子が悪くなってきました。
鼻血出したり、ご飯残したり、トイレが上手く出来なくなってきたり。

最期の一週間。主に食生活はこんな感じでした。

8/27
ご飯ほとんど食べず。カリカリは全く食べなくなる。

8/28
おじややささみもあげてみるけどほとんど食べず。
氷は食べる。
冷凍庫開ける音でこちらに走ってくるくらい、氷だけは欲しがった。

8/29
ささみはなんとか食べてくれた。
2日連続で大量の下痢。

8/30
ヨーグルト、バナナ+流動食をあげてみる。
食べてくれたけど、夜下痢と嘔吐。

8/31
ささみと流動食、キャベツも一応食べる。
おしっこ、うんちが出てない。

9/1
うちらの食べてるものなら欲しがるみたいだった。
昼にうどん一口食べてくれたので、夜うどん用意したけど食べず…
お腹の毛をがっつりカット。おトイレの世話が楽になった。
朝起きて部屋に入っても駆け寄ってきてくれなくて、弱弱しく
微笑むだけになってしまった…
これは本格的にお別れが近づいてるかも…と思った。

へんなとこに入り込んで寝るまろ。
おもらしがひどくて、ソファにはあげられなくなった。

9/2
とにかく何か食べてもらわないと…っていろいろ調べて…
アイスをあげてみた。二口くらいは食べてくれたけど、下痢してしまう。
氷はガリガリ食べる。
ささみのゆで汁を凍らせてあげてみたらよく食べた。
何か食べてくれるだけでも、本当に嬉しかった。
立てるけどほぼ歩けなくなった。
流動食がなくなったので買いに行った。

8月の始め頃から夜はまろ一人で寝てもらっていました。
うちらの寝室のエアコンがほとんど効かなくて暑かったのに、
まろがこっちに来たがって困ったので…
(エアコン効いてる部屋にいればいいのに玄関や廊下で寝て
一晩中はぁはぁ言っててかわいそうだった^^;)

なるべく遅くまでそばに居て、なるべく早く起きて様子見て…って
してたけど、この日はちょっと目離せないな…って感じたので
私は朝まで一緒の部屋にいました。

今思えばこれがまろと過ごす最期の夜になったんやな…
ほとんど歩けないのに立ち上がって、そのまま変な体勢で倒れたりして
ひんひんないてたので、一晩中起きてまろのそばに居ました。

でも自分のベッドで寝ていても、最期の一週間はまろのいる部屋から
音が聞こえなかったら「まろ大丈夫か!?」って思って心配やったし、
ガタガタいってたらそれはそれで「なんかあったんか!?」って心配で。

朝部屋のドア開ける度に本当に心臓がバクバクしてました。

8月の中ごろからトイレが上手く出来なくなったので、朝起きたら
真っ先に部屋中のおしっこ、うんこさん掃除でした。
私のお腹も大きくなってきて、しんどいし大変やったけど
「おしっこうんこも生きてる証拠」と思って頑張りました。
そんなことよりも、ご飯食べなくなってきた頃が一番つらかったな。

食べたいけど、受け付けないのか…食べたくないのか。
一生懸命考えて作ったものを全然食べてくれないってかなり凹む…

とにかく食べてくれないと、お別れへのカウントダウンが
始まってしまった気がして本当に悲しかった。毎日泣いた。

9/3
まろ、最期の日。

私まろを看取ってあげられなかった。

朝起きてきただーが「まろ看とくからベッドで寝り」
って言ってくれたので、午前中寝かせてもらった。

何度か痙攣したり、目の焦点が合わなくなったりしてた。
そしてひどい下痢。
それでも話しかけたら聞いてくれてたし、立ち上がろうともしてた。
氷も食べてくれてた。

私は12時半から妊婦健診でした。
昼ごはん食べながら
「大丈夫と思うけど、もし私が居ない間にまろになんかあったら
硬直する前に手足たたんであげなあかんから、バリケンにいれてあげて」
という話をしました。
「大丈夫と思うけど」

キャンセルしようかなって思ったんやけど、1、2時間のことやし、
ほんとにまだ大丈夫やと思ってた。
だーが「まろがこんな状態やからって慌てて帰ってこんでええで。
俺がちゃんとまろ看てるから大丈夫やから。
ゆっくり運転しぃや。気をつけて行きや」って言ってくれた。
「まろ、すぐ帰って来るからね。待っててね。行ってくるね」

健診が終わって、外に出たのが13時20分頃。
だーに「まろは?大丈夫?」って電話しようかと思ったけど、なんとなく出来なかった。
それよりも早く家に帰ろうと思って、家に着いたのが13時40分頃。

玄関のドアを開けたら、寝室の押入れが開いてるのが見えた。
バリケンを入れてた場所にバリケンがなかった。
!!!まさか…

走って部屋に入ると、バリケンの中にまろが居た。

嘘。間に合わんかった…

まろが逝ってしまったのは13時9分。
ほんの30分の差で看取ってあげられへんかった…

「待っててねって言うたのに」
まだあったかいまろにしがみついて号泣した。
「俺がちゃんと看取ったから」だーも思いっきり泣いてた。

まろはだーのこと大好きやったから、だーだけでもちゃんと
そばに居てもらえて嬉しかったかな。一人きりじゃなくてよかった。
私も一緒に居たかったけど。

二人でまろの体をきれいにしてあげました。
まだあったかくてやわらかくて…
でももう二度と動かないんだって思ったら、涙が止まらなかった。
 まろが逝ってしまった日の私の赤ちゃんのエコー写真(4D)
小さくしてますが、クリックで大きくなります。
エコー写真見たくない人は見ないでくださいね。4D結構リアルです^^;

時間は2012.09.03.13:10
まろが逝ってしまった時間とほぼ同時に撮ったものでした。

何度も健診行ってるけど、こんなにはっきり顔が写ってるのは初めてです。
この後も何度か撮ってるけど、顔がわかるものはこれしかないかな。

8ヶ月に入ってたこともあって、赤ちゃんをお迎えする準備を本格的に始めました。
気持ちの切り替えが出来なくて、体調崩したりもしたけど、赤ちゃんは
なんとか順調に育っているようです。

まろのこと忘れるわけじゃない。
けど、周りの赤ちゃんフィーバー見てるとやっぱり複雑で。
(自分に赤ちゃんの誕生を楽しみに待つという経験がなかったので余計にかな。
 おねぇの子(3人いる)にも友達の子にもほぼ興味なかった。
 というか昔から赤ちゃんが苦手だった。)

カルまろを一生懸命育てたように、ちゃんと子育てが出来るだろうか…^^;

まろ、私を見守っててね。

ずっとまろのこと忘れないからね。
posted by まさみ | 00:03 | まろのこと | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:03 | - | - | - |
コメント
アリガト(・´ω`・)ノ<COOさん

お別れのときを書いた記事や日記は、読ませてもらうと自分のときもそうだったな…とか
いつか来る日のことを考えてみたりとか、いろんな思いが込み上げてきますよね。

葬儀のとき「大きい子は優しい子が多いですよね。まろちゃんもそうでしたか?」
とか聞かれて「いや…こいつはそうでもなかったです…」なんてやり取りして(笑)
まろは天真爛漫で、わがままで…飼い主オンリーで人に懐かなくて。
でも私にとってはかけがえのないかわいいわんこでした。

4Dリアルですよね^^;
見本とかでもっと鮮明に写ってるのあるけど、ちょっと怖いです(笑)
まろには赤ちゃん産まれるまで生きてて欲しかったな…
2012/10/19 02:35 by まさみ
アリガト(・´ω`・)ノ<犬飼いさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

カルが病気になったとき、まろが病気になったとき、それ以外でもいろんなブログに
お邪魔していました。
コメント書かなくても、ずっと見てたブログもありました。
そのブログに、飼い主さんたちの思いにたくさん教えてもらうことがありました。

犬飼いさんの中で、そんなブログの中のひとつになれたのかな、と思うと嬉しいです^^

わんこってすごいと、私も思います。
ずっとしんどい思いもしながら育てて来たけど、カルにもまろにも本当に出会えてよかったと、
この子たちが居なければ、今の自分はいなかっただろうと思います。

人でも犬でも、いつかお別れの時が来ます。
普段は気づかないけど、今そばに居てくれる時間は限りあるものです。
犬はそれを気づかせてくれる生き物だと思います。

またわんこ飼えるときが来ればいいなぁ…
2012/10/19 02:19 by まさみ
アリガト(・´ω`・)ノ<まろちゃん&カルちゃんファンさん

眠るように逝ったわけではないので…
なんて言ったらいいかわからないですけど…

ずっとブログやってきたし、そのとき思ったこと、感じたことを自分なりに
残しておきたいと思ったから、最期のときのこと、数日かけて書きました。

過去の記事は幸せなときもいっぱいあって、楽しかったな〜って見られるけど、
今はやっぱり悲しくて、寂しいかな…

でもカルのときのように、いい意味で思い出になる日が来ると思っています。
ずっと読んで下さって、本当にありがとうございます。
読者なんてほとんどいないブログやけど(笑)続けてきてよかったなって思います。
2012/10/19 02:06 by まさみ
ありがとう。
思いを共有できる事が嬉しいです。
一緒に悲しむことができて、それと一緒に自分の中の悲しみも浄化される気がします。
やっぱり、わんこって、飼い主さんの事を最後まで思うんだな〜と、感じました。
だーさんと、まさみさんと、新しいメンバーとの、優しさに包まれた素敵な家族が想像できます♪
今って、おなかの赤ちゃんがこんな風にわかるんですね!
出産の初体験!頑張ってくださいね♪
2012/10/18 07:28 by COO
はじめまして、結構昔からブログ見ていました。昨日この記事読んで涙が止まらなくてはじめてコメントしました。なんていったらいいのかわかりませんが、犬ってすごいですね。まさみさん家族から色んなこと学びました。いずれ皆死ぬときがくるので今を大事にしたいなと思いました。ありがとうございました。
2012/10/15 15:09 by 犬飼い
まろちゃんが旅に出た日のこと書いてくれてありがとう☆

すごく気になっていたけど、それほどは苦しい思いしなかったみたいなので良かったです。
まろちゃん、まさみさんに心配かけたくなくていない時に旅立ったんでしょうね。
ほんとかしこい子ですね。

いままでいっぱい可愛がってもらって、すごく幸せだったね。
まろちゃん良かったね☆
2012/10/15 11:07 by まろちゃん&カルちゃんファン
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://karubi-maro.jugem.jp/trackback/243
トラックバック