Search this site
ボーダーコリーのカルビ・バーニーズのまろとの日々。
その他いろいろなつぶやき。
<< トランスフォーマー | TOP | 49日の夜は桃ちゃんと♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
49日
 今日はカルの49日です。

月命日にも日記を書こうと思ったんやけど…
というか下書き書きかけてたんやけど…

なんだかいろんな想いがいっぱいで、かえって何書いたらいいかわからんかったんよね。


カルが旅立った日…

前日お外で嬉しそうにしていたカル。
仕事から帰って来たら、玄関でお帰りって迎えてくれたカル。

まろはいつも通りに居間で、カルはそのまま玄関で、私たちの寝室の壁一枚隔てた
向こうで寝ていました。

朝…
玄関から変な咳が聞こえて…

「カル!?」
飛び起きてカルのところへ行きました。

何度か大きい咳をして…抱きかかえたらなんとなく首がだらんとしていました。
「カルどうしたん?」って声をかけているとだーも来てくれて…

「なんかおかしい。首が…なんか…大丈夫?」
「病院は?」っていくつかの病院に電話したけど…
朝って病院どこも電話つながらないんですね。夜はつながるのに。

咳が止まって、舌が出て…
だーが「あかん、舌出てるわ」って言うて、慌てて心臓マッサージをしてくれました。

あかんって?ってポカンとしていた私…

「カル?…カル?」と何度も心臓の音を確かめて…

カルの呼吸が止まって…
だーが「あかんわ…」と言って涙を流したけど、私は何が起こったのかわからなくて…

え?なんで?「カル…?」

これで終わりなん?
あんなに頑張ってきたのに…カル、逝ってしまったん?嘘…

ちょっと調子悪いだけやと思ってたのに。まだすぐ元気になってくれると思ってたのに。
またグランドでボール遊びが出来るようになると思ってたのに…

カル…

ドアの向こうで様子をうかがっていたまろをこっちに呼んであげたけど、まろはほとんど
カルのそばには行きませんでした。

おむつをはずして、おしっこをふいてあげて、うんこさんをとってあげました。
体から出てくるものはこんなにあったかいのに…と切なくてたまりませんでした。

だーが向こうの部屋へ行って、カルと2人になったときに涙があふれて止まらなくなりました。
信じられなくて、まだあったかいカルを抱きながらずっとずっと泣きました。

だーはPCで火葬してくれるところを探してくれていました。
仕事先に休むって言う連絡をして、カルを休ませてあげられる場所を用意して…

移動に使っていたキャリーに寝かせてあげました。

私はずっとカルをなでていました。
硬直が始まって…だんだん温かみを失っていくカルに触れて…
びっくりするくらいの量の涙が出ました。

マヒしていた後ろ足は硬直するまでかなり時間がかかっていました。

今日一日カルにかかりきりになるかも知れへんからって、私がまろの散歩へ行き、
だーは火葬をしてもらえるように電話をしてくれました。

まろの散歩の途中で桃ちゃんに電話で知らせて…
私も仕事先に「今日休みたい」ってメールをしておきました。
(昼ごろ電話して、カルが亡くなったことを伝えると「今日は休み〜」って言ってもらえました)


亡くなったときのこと。
文章にしてもあっちゅーま。

本当に「え?」って思うくらい…すぐ逝ってしまった。

でもね。
苦しくなかったはずないやんね。

命の灯が消える瞬間…
そんなときまでカルはいい子やった。

もっと苦しいって、しんどいって、なんで自分がって大暴れしてくれてよかったのに。
最期までそんないい子で居てくれなくてもよかったのに…


今はもう痛いことも、苦しいこともなく、楽しく過ごしながら私たちを待ってくれているのかな。

ね、カル。
短かったけど、とっても楽しい時間を一緒に過ごしたね。

うちの子になってくれてありがとうね。



今日の夜、桃ちゃんが遊びに来てくれるよ♪
posted by まさみ | 17:23 | カルのこと | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:23 | - | - | - |
コメント
アリガト(・´ω`・)ノ<マーボー猫さん

ボーダーって喜怒哀楽の表情がわりと豊かな気がします^^
そこがとってもかわいいです(〃ω〃)
病気になってからは、いつもと同じ公園に行ったりしただけでも
とっても嬉しそうにニコニコしていました。
もっともっと一緒に居たかったな…
2009/07/16 15:28 by まさみ
アリガト(・´ω`・)ノ<みるきー

もうそんなに経っちゃったんやねぇ…早いなぁって感じがするよ。
悲しくて落ち込んだ時期ももちろんあったけど、それでも今こうして
楽しかったことをたくさん思い出して笑えるのはカルが本当に本当に
いい子やったからなんかなぁ。
カルが居なくなったらどうなるんやろうって不安やったけど…
やっぱりペットロスとは無縁な私たちでした^^;
カルと一緒に暮らせてよかった。ありがとうって伝えたいです。
2009/07/16 14:50 by まさみ
こんな良い表情をしているのに、悔しいですよね。
ボルドも良い表情するんですよ。
喜怒哀楽を感じられるお顔立ちですよね。
だから、なお辛いです。
ほんとうに雰囲気が、ボルドの写真のよう。
ではでは
2009/07/13 21:09 by マーボー猫
もう、そんなに時は経ったんだね。
カルが居て笑った写真がいっぱい並んでいた頃。
なんでかな?今日は涙が出てこないや。
あんなに泣いたのに嘘のよう。
悲しみより別の感情に変わりつつあるのかも知れないな。
愛されて愛されて、今も愛され続けて・・・。
キミはいっつも笑ってる幸せ者。
いまも幸せだね。早く過ぎ去って行ってしまう命だったけど
痛い思いもしなきゃいけない運命だったけど家族や友達に恵まれて
(その中の一人にいれておいてな、カル)

パパとママの子どもで良かったな。
2009/07/12 19:37 by みるきー
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://karubi-maro.jugem.jp/trackback/57
トラックバック